プログラミングスキル習得は「最初の壁」が分かれ道

学校教育ではプログラミング実習が必須になりましたね。
今学校に通っている子供たちが社会人になるころ、プログラミングができるというのは当たり前になっているんでしょうか。
そうなれば理想的なんでしょうが、おそらくそううまくはいかないんじゃないでしょうか。
英語は誰でも学校で学んでいるはずですが、大人になっても英語を話せる人は圧倒的少数派です。
ほとんどの人は単語はある程度知っているけど、話すことはほとんどできないというのが実情です。
外国人に英語で道を聞かれたら、あたふたしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。
確かに英語習得に比べるとプログラミングの習得は比較的簡単です。
でも、スマホ全盛の時代、パソコンを活用する人は年々少なくなっています。
パソコンを前にするだけで拒否反応が出てしまう人も少なくないと思います。
プログラミングは一見難しそうに見えますが、実際に自分が作ったプログラムが完成したとき、「ああ、プログラムってこういうものなんだ」という基本を理解できれば、あとは興味がわいて自分からプログラミングについての情報を集めるようになります。
でも、基本を理解できない人はいつまでたっても、「プログラミングは難しい」と拒否反応を示してしまいます。
だから、プログラミングができるようになる人と、ずっとできないままの人の違いは最初の大きな壁を乗り越えられるかどうかがカギになります。
できるだけこの壁は早い段階でクリアしておくほうが、後々、楽になっていきます。
プログラミングに対する拒否反応が長ければ長いほど、習得は難しくなっていくでしょう。
今、社会人の人であっても、これからプログラミングを学ぶことは可能です。
最近ではプログラミングスクールも増えてきていますからね。
その中でもおすすめなスクールはコーチテックです。
コーチテックは普通のプログラミングスクールとは少し違っていて、専属のコーチがサポートしてくれるコーチングスタイルを採用しています。
学校の授業のようにただただ受け身になってしまうことを避けられるメリットがあります。
例えるならライザップのように「結果にコミットする」ということです。
効率化を重視し、短期間でプログラミングスキルを習得できるので、値段も比較的安めに設定されているので良心的です。
将来に不安を感じていて、なにか手に職をつけたいと考えているなら、コーチテックはとてもおすすめなプログラミングスクールです。

稼ぐために一番大事なのはやっぱり時間?

日本の景気は正直言って良いとは言えませんよね。
フルタイムで働いているにもかかわらず、月収で15万円を切るという人も少なくありません。
「子供部屋おじさん」という言葉が生まれるのも無理からぬことなのかもしれません。
年々、出生率は低下し、高齢者の割合は高くなっています。
このように日本は人口減少傾向にあるため、今後もどんどん景気が冷え込んでいくのは誰の目にも明らかです。
そんな状況の中でも稼いでいる人はたくさんいます。
一昔前は、汗水たらして働くというのが美徳という雰囲気がありましたが、最近ではユーチューバーなど、楽しいことをやりながら稼いでいる人たちも増えてきています。
サラリーマンというのは一見安定しているように見えますが、意外とそうでもありません。
大企業に勤めていたとしても、早期退職を募集する企業も珍しくない状況になってきていますからね。
このため、サラリーマンは年々、リスクが大きくなる半面、リターンが少なくなってきている印象を受けます。
貧富の差もどんどん広がってきています。
資本主義である以上、これはある意味仕方のないことです。
こんな時代に突入したからこそ、脱サラや副業を考えているという人も多いんじゃないでしょうか。

サラリーマンは「労働力」と「時間」を会社に差し出す代わりに給料という対価を得ます。
成果主義でもない限り、毎日決められた時間に会社に行ってさえいれば、とりあえず食いっぱぐれることはありません。
1日8時間労働であれば、お昼休憩が1時間、往復の通勤時間が1時間の場合、トータルで毎日10時間を会社に捧げているわけです。
この時間が多いか少ないかは人によって意見が分かれるところでしょう。
一つ言えるのは、捧げた自分の時間はいくらお金を積んでも絶対に取り返すことはできないということです。
もし副業をする場合、残った時間でやりくりするしかありません。。
会社が終わったあとに副業するのもいいですが、本業の後なので疲れが溜まっているはずです。
副業をするなら本業をする前、つまり早朝にするのがおすすめです。
早起きをする必要がありますが、起きた後なので頭がスッキリしているからです。
反面、脱サラをする場合は、収入がゼロになる代わりに100%自分のために時間を使うことができます。
この時間を上手に使えるかどうかで、稼げる金額が大きく変わります。

時間と同時に大切なのは健康的な体です。
時間がいくらあっても、病弱で動けなければ意味がありませんからね。
健康的な体を保つためにはバランスの摂れた食事が欠かせません。
また、サプリメントを併用して効率よく栄養を体に取り込むというのも賢い方法と言えます。
「プルエル」は栄養吸収をサポートしてくれるサプリメントです。
プルエル 薬局
普通のサプリに比べて少し高額ではありますが、健康的な体を作るための投資と考えれば納得できる金額です。
脱サラか副業か、人によってそれぞれですが、時間と健康はかけがえのない財産であることを強く意識することが大切です。